« 2020年5月 | メイン

2020年6月

2020年6月25日 (木)

1学期期末テスト

1学期末テスト

中種子中学校は6月23日(火)から25日(木)まで1学期期末テストが実施されました。

テスト期間の1週間前から「家庭学習強調週間」を設定し,各自が自宅で1学期の復習に取り組みました。

期末テストの3日間も,最後まであきらめずにテストに臨む姿が見られました。

Img_6767

今回のテストに向けて計画的に取り組むことができたでしょうか?

早速,答案が返却され,生徒は一喜一憂していたようです。

目標を達成することができた人,できなかった人,それぞれあったかと思います。

今回のテストの取り組みを振り返り,これからの学習につなげていきましょう。

今日の放課後から待ちに待った部活動が再開しました。

Dscn0280 

Dscn0287

Dscn0282

Dscn0291

Dscn0296 すべての部活動の写真を掲載できませんでしたが,どの部活動も一生懸命練習に励んでいました。

生徒一人一人が学習面,部活動,地域の活動等に自分の全力を出して取り組む姿はとても美しいものです。

学校教育目標である「授業が輝き,心が輝き,自他共に未来に輝く生徒を育成する。」の実現に向けて,生徒と先生たちの力を合わせてこれからも頑張っていきましょう。

皆さんの輝きを楽しみにしています。

2020年6月18日 (木)

性に関する授業

性に関する授業

6月18日(木)に,ネットポリス鹿児島代表の戸高成人さんを講師にお招きして「性に関する授業」を行っていただきました。

コロナウイルス感染拡大防止の「新しい学校生活様式」に伴い各学年に分かれて,ソーシャルディスタンスを守って講話を聞きました。

Dscn0276

タブレット端末やスマートフォンなどを使って,今やほとんどの人がインターネットに接続できる便利な時代だからこそ,正しいインターネットの知識を身に付けることが大切である,と戸高さん。

安易にネット上に写真をアップロードすることで,簡単に個人情報を読み取られてしまう危険性について学びました。

被害に遭って悲しい思いをしてからでは遅い。被害者,加害者のどちらにもならないためには,一人一人の普段のネット利用が極めて重要であることを学びました。

また,SNSを1日1時間以上使っている中学生の学力の低下に関するデータなどを示していただきました。

生徒たちにとって新しい発見や気付きがあった,学びの多い時間となりました。

14:00からは保護者を対象に「第1回家庭教育学級」が開かれました。

「健康被害とメディアの危険な関係」と題して,講師の戸高さんから講話をしていただきました。

Photo

スマホの長時間使用により,睡眠不足になり体内時計が狂うことにより,様々な健康被害が出てくることを教わりました。

Photo_3

特に,就寝前のネット等の使用を改善しなければ,大切な心と体を守ることはできません。

中種子町生活指導連絡協議会でも,中学生のスマホ等の使用は21時までとなっています。

スマホ・タブレットの利用については,家庭でルールをしっかりつくり,守っていきたいものです。

全ては生徒一人一人の健康と命を守るためです。

2020年6月15日 (月)

リカバリータイム

今年最初のリカバリータイムが行われました。

雨の季節になり,じめじめとした過ごしにくい季節になってきました。

蒸し暑さやテスト勉強からくる疲労も少しずつたまってくる時期です。

中種子中学校では6月12日(金)にリカバリータイムを実施しました。

給食後の15分間,教室の明かりを消し,タオルを頭にかぶせたり枕代わりに使ったりして目を閉じます。

Dscf0406

少しの時間なのですが生徒たちには大好評です。

「すっきりした。」「疲れが取れてリラックスできた。」と,笑顔が見られました。

何かと疲れがたまりがちなこの時期,リカバリータイムで心と体をリフレッシュができて5校時からの授業も集中して取り組むことができました。

2020年6月12日 (金)

全校読書

種子島も雨が降ることが多くなりました。

中種子中学校では6月9日(火),10日(水)の朝読書の時間に全校読書を行いました。

今回の題材は幸田露伴の「五重塔」です。

Oip_2

モデルになった寺は東京谷中の護国山天王寺です。

腕はいいのに世渡りがへたで「のっそり」と呼ばれて馬鹿にされている十兵衛と,感応寺の工事を請け負った棟梁として,名工の名を馳せている親方の源太。五重塔が完成するまでの二人の心の葛藤を描いた物語です。

図書委員長が放送室から物語を放送します。

Img_8736

生徒たちは教室で放送を聞きながら、物語が印刷されたプリントを読みます。

全校生徒がどんどん「五重塔」の世界に引き込まれていきました。

Img_8766

生徒たちは明治時代の流行作家,幸田露伴の作品を味わいながら,雨の日を穏やかに過ごすことができました。

読書が終わった後は作品の感想を記入しました。

それぞれの生徒がこの文学作品の楽しさを感じることができました。

今後も,多くの本に触れあってほしいと思います。